ブログトップ

ボンジュール トモコのアトリエ日記  

kugihara.exblog.jp

「博多ふるさと野菜」水彩画

c0186612_1514479.jpg


博多の野菜を、水彩画で、丁寧に,美味しそうに描いてみました。
こんな水彩画のお仕事は初めてで​したが、燃えましたよ。
デザインは、野菜ソムリエでもご活躍の古金陽子さんです​。
「よかよか博多のお野菜噺」
久右衛門商店さんのリーフレットです。


c0186612_1513958.jpg

春菊
博多の春菊は、茎が柔らかく、アクやクセが少ないので、​サラダなど生食でも食べられます。
茎に藁(ワラ)を巻き付けた「博多ハイカラくびり」と呼ばれるもの。

c0186612_15145893.jpg

長茄子
日本一長いと言われる、20〜30㎝の長さ。
果実がやや細くて皮が柔らかく先端が尖っているのが特長​。

c0186612_15161228.jpg

博多長ねぎ
ねぎには、関東の根深ねぎと関西の葉ねぎがあり
博多のねぎは、「葉ねぎ」
柔らかく、甘みが強いので水炊きや炒め物幅広い料理に使​われています。

c0186612_1517870.jpg

甘長とうがらし
長さ10~12㎝
果肉が厚くて柔らかく、辛みが少ないのが特長。
種ごと食べられるので色々な料理に取り入れられています​。

c0186612_15175582.jpg

金時人参
本紅金時人参と博多人参をかけ合わせた品種。
甘みや香りも強く,肉質は柔らかいが煮崩れしにくいのが​特長。

c0186612_15184193.jpg

かぶ
博多かぶは、綺麗な白かぶで、肉質が緻密で柔らかいのが​特長です。

c0186612_15194966.jpg

八媛かぼちゃ
福岡で作られていた昔から伝わる日本かぼちゃの一種。
皮が薄く、果肉はねっとりとして優しい甘味を感じます。

c0186612_15213464.jpg

かつお菜
「勝男菜」と書く所から、お正月の雑煮にいれる縁起野菜と​して親しまれています。



  
説明文は、古金 陽子さんのコピーから抜粋させて頂きました。
デザイナーの古金 陽子さんは、野菜ソムリエだけに、本当に何でもご存知!。
彼女のブログサイト「ベジフルピンポンパン」をご紹介します。





ふるさと博多にはこんなに素晴らしいお野菜がいっぱいあるんですね。
野菜と向き合ってまじめに挑戦してみました。
この野菜たちに納得してもらえるように、ちゃんと描けているかしら?
美味しそうに描けていたら、嬉しいです。



2011.7.17 by イラストレータ- 金子ともこ
[PR]
by bonjour-tomoko | 2011-07-17 15:39 | イラスト | Comments(4)
Commented by こがねようこ at 2011-07-18 11:06 x
んーーーあらためて、やっぱり素晴らしいですね〜
ありがとうございました!
本当に素敵なイラストで、箱の中に収めておくのは
もったいないくらいです!!!
忙しかったので、よくよく考えたら
生のイラスト見てなかったです!!!!
今度、是非、拝見させてくださいね♪
Commented by bonjour-tomoko at 2011-07-18 12:53
陽子さん、ありがとうございます。
でも、イラストはデザインで活かされると思っています。
陽子さんのこのデザイン、文字組が大好きですよ!。
このデザインが、いいんですよー!
こちらこそ素敵なお仕事ありがとうございました!。
今度印刷物見せて下さいね。
また、こんな真面目に絵を描くお仕事してみたいです。
今後とも宜しくお願いします。
あ、それから、訂正や追加する事無かったでしょうか?
Commented by 小川 修 at 2011-07-20 12:04 x
ともこさん。器用ですね。
水彩画など多彩な技をお持ちで!!!
うらやましいですね。
金沢でも[加賀野菜]が今 人気です。
エコな時代の象徴ですね!
Commented by bonjour-tomoko at 2011-07-22 20:31
小川さん、[加賀野菜]ってどんなお野菜なんでしょう?
私は、いつも水彩画ばかりを描いていますが、ちゃんと描く仕事があまりなかったんですね〜。学生には授業で教えているんですが。楽しいですよ、水彩画。
<< ロゲットカレンダーが「ブレーン」に。 今年も博多祇園山笠。 >>