「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

ボンジュール トモコのアトリエ日記  

kugihara.exblog.jp

<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Bonjour ♪ Paris  2

「 I ♥ Picasso 」ピカソ美術館パリ 彫刻編

ピカソ美術館」は、バルセロナとパリの2か所が有名です。
このパリの国立ピカソ美術館 は、パリの3区の街中に
とても調和して溶け込んでいました。

展示品は絵画、彫刻、陶器、デッサン等を含め1500点にも
及ぶそうです。
パリと言えば、ルーブル、オルセーなどが代表的ですが、
ピカソを愛する私は、一番好きな美術館でした。
この建物はもともと貴族が住んでいたという、白を貴重とした建物で、内部は柔らかい照明に包まれています。
とても素敵で、癒される美術館でした。

撮影が許されていましたので沢山の写真を撮ることができました。

c0186612_100186.jpg

c0186612_1012440.jpg

ピカソが実際使っていた、筆、絵の具皿、椅子です。
この椅子に座って、この筆を持って描いていたと思うと、
なんだか、そこでピカソが微笑んでいる様でドキドキして来ました。

       

c0186612_1265091.jpg
c0186612_1283045.jpg


愛らしいオブジェの数々に、心もほ〜〜っと和みました。


 2009.3.27 by イラストレータ− 金子ともこ
[PR]
by bonjour-tomoko | 2009-03-27 10:40 | 「 I ♥ Picasso 」 | Comments(2)

Bonjour ♪ Paris 1


パリに行ったときのアルバムから
c0186612_1123070.jpg
c0186612_115518.jpg



通りすがりに出会った小さなギャラリーでした。

c0186612_1057924.jpg

c0186612_1056699.jpg
c0186612_10561445.jpg
c0186612_10562914.jpg
c0186612_1055424.jpg


金属のメッシュで出来たヌードのボディ。
素敵でした!
残念な事に朝10時にはまだオープンしていませんでした。
しばらく待っていたのですが、
いっこうに開く気配もなく、
とっても残念で
ガラスごしにシャッターを切りました。

パリの朝は遅いですね・・。






観光スポットには、観光客目当ての似顔絵屋さんがいっぱい。
なんとまあ〜、友人は
お世辞にも上手いとは言えない、
似てない似顔絵に
8000円も払うハメになってしまいました・・
フランス語ができないのは、辛いです(涙)。





                 2009.3.17 by イラストレータ− 金子ともこ
[PR]
by bonjour-tomoko | 2009-03-17 11:06 | Bonjour ♪ Paris | Comments(0)

詩集「 夢音 muon 」より 4.



c0186612_145291.jpg

           「 あなたの死 」
               ---- 逝った人たちへ ---

            死は眠りだよ
            と
            言う人もいる
            終わりでなく
            休みだと

            でもその肉体はどこ?
            その心はどこへ消えた?

            死は魔法
            そうね
            宇宙の魔術師が
            いたづらをして
            隠しただけ
            残された者は
            地団駄踏むけど
            やがてはみんな
            魔法にかかる

            私に
            そのときがやってきたなら
            種明かしをみて
            きっとあなたと笑うでしょう






c0186612_151362.jpg

           「 秋がそこまで 」

            澄んだ風が
            しのび寄る

            ふっと
            さみしさが
            わいてくる
            きゅんと
            なつかしさが
            押しよせる

            手を
            さしのべたくなる
            なにかに


                    by kimiko「夢音」




c0186612_1244950.jpg

■ 作者 / かみのそのきみこ
■ 装丁 /かねこしんぞう
■ 画 / 金子ともこ

☆「 夢音 muon 」出版記念 詩と画のコラボ二人展

2008年5月、福岡のBBB・POTTERSギャラリーで開催しました。



                 2009.3.9 by イラストレータ− 金子ともこ


掲載されている文章、画像、写真などの無許可転載・転用を禁止します
[PR]
by bonjour-tomoko | 2009-03-09 00:58 | 詩集「 夢音 muon 」 | Comments(0)

詩集「 夢音 muon 」より 3.



c0186612_1117745.jpg

         「忘れる、思い出す」

          忘れるという能力が
          与えられているから
          人は前へ歩むことができる

          忘れてならないことまでも
          忘れてしまう
          捻れはあるものの
          つらさの砂に
          埋もれてしまわずに済む

          思い出すという能力が
          与えられているから
          人は乾かないでいられる

          離そうとしても離れられない思い出までが
          まとわりつくという
          翳りはあるものの
          心のささえや
          なぐさめを抱いて生きられる







c0186612_11164150.jpg

         「・・・・が希薄に」

          歳を重ねるということは

          意思というもので
          自分がうごいているつもりでも

          多くは
          何かにうごかされていると
          気がつくこと?
          うかつに見過ごしてきたものばかりだったと
          気がつくこと?

          虹の色が
          しだいにしだいに
          薄くなり
          やがて
          視界から消え去るように

          強烈な出来事や
          濃い思い出も
          いつのまにか
          色あせていく
          茫漠と

          ・・・・が希薄に
          なっていくこと


                by kimiko「夢音」







c0186612_11193750.jpg


■ 作者 / かみのそのきみこ
■ 装丁 /かねこしんぞう
■ 画 / 金子ともこ

☆「 夢音 muon 」出版記念 詩と画のコラボ二人展

2008年5月、福岡のBBB・POTTERSギャラリーで開催しました。


                 2009.3.6 by イラストレータ− 金子ともこ


掲載されている文章、画像、写真などの無許可転載・転用を禁止します
[PR]
by bonjour-tomoko | 2009-03-06 11:46 | 詩集「 夢音 muon 」 | Comments(0)

詩集「 夢音 muon 」より 2.


c0186612_9244031.jpg

        「とりあえず地球上に在っても」

         おだやかなさざ波も
         よどみとなって
         ひたひたと打ち寄せている
         地球の水が
         透明さを失って来て・・・

         心細さにふるえる

         けれども
         しなやかな対応と
         光の輝きは
         忘れるべきでない

         信じるというエネルギーが
         いつも満ちてこなくても
         体の底
         心の奥には
         思いもかけないリズムが脈打っているのだから

         とりあえず地球上に在っても
         地球を超えた世界には
         無限の何かが
         在るかもしれないから

 





c0186612_9245757.jpg

        「静かな中心は」

         過去へも
         未来へも
         動かない瞬間がある

         静かな中心は
         厳かで
         太古からの安らぎと
         本然の姿が
         満ちあふれ
         五感が織りなす
         世界は溶けあい
         そこには
         至福を奏でる
         一輪の花がある


                by kimiko「夢音」




c0186612_8221579.jpg


■ 作者 / かみのそのきみこ
■ 装丁 /かねこしんぞう
■ 画 / 金子ともこ

☆「 夢音 muon 」出版記念 詩と画のコラボ二人展

福岡のBBB・POTTERSギャラリーで開催しました。



                 2009.3.4 by イラストレータ− 金子ともこ


掲載されている文章、画像、写真などの無許可転載・転用を禁止します
[PR]
by bonjour-tomoko | 2009-03-04 08:52 | 詩集「 夢音 muon 」 | Comments(0)